2016-7-27 おもしろ

tyuusya

先日イオンであった話

地方都市の街中にあるイオンなので、人気の平面駐車場はいつも満車
しかも2時間無料なので、長時間停めたい人は2時間に1回車を出し入れすればいい

ちょっとだけ買い物したい時は平面に停めたいけど
ゆっくり買い物する時は立駐に停める
その日は店舗からちょっと離れてるけど、平面が空いていたので停めた

買い物が終わって車に戻って来たら、ステップワゴンがゆっくりついてきた
運転手は40代とおぼしき頭ボッサボサのババア、ちなみに私は20代主婦
ババアが窓を開けたかと思ったら私に向かって
「ちょっとアンタ!出るの?」と怒鳴るように言った

これから自分がエンジンをかけて帰宅するのか
一旦車に荷物を置いて、再度イオンに戻って買い物を続けるのか
赤の他人に説明する義務はないので無視
「すみません、そこに停めたいですけど、もう出ます?」
と聞かれていたら
「あ、もう帰るんで、いいですよ♪」
と予定通り帰宅したんだけど、失礼なババアのためにスペースを空ける気はない

私がエンジンをかけたらババアはなぜかハザードつけて準備
でも私は移動するつもりはない
暑いからエアコンつけただけ
ここで煙草を1本(喫煙者ってだけで叩かれるよね・・・)
1本吸ってもババアはまだ私を睨みながらスタンバッてる
仕方ないので2本目を吸ったら鬼の形相に変わった

2本吸ってる間に5分以上経過してるので
平面駐車場の他のスペースも何台か車は入れ替わってるはず
なのにババアは頑なに動かず、私の車の場所をタゲっているらしい

ババアは鬼の形相で睨みつけながら何か言ってて(聞こえなかったけど)
一向に諦める気配がないので、仕方なく飲み物でも買いに行くことに♪
スタバでドリンクをテイクアウトして車に戻って来たら、まだ居たw

「ちょっとアンタ!!!いつまでいるのよ!!」
ここはババアの家の駐車場ではなく、私は悪いことはしていないので無視
車に乗り込みエンジンをかけたら、ババアは「やっとかよ」って顔でハザードを点ける
そして喫煙タイム再開w
スマホで未読メールをチェックしたり、優雅に過ごす

すると、窓を強くノックされた、見ると鬼の形相のババア
「あんたケンカ売ってんの?どくのかって聞いてんでしょ?」
車の窓にババアの指紋をつけられたくないので下りる
「ここはあなた名義の土地ですか?イオン所有の駐車場ですか?」
「何言ってんのよこの小娘が!!!ふじこふじこふじこふじこ!」

女2人が口論してるので、警備員のおっちゃんが飛んできた
車同士ぶつけたか何かと勘違いしたらしい

警「どうしました?」
私「なんかこのオバサンが絡んできて、どけってうるさいんですよー」
婆「さっきからふじこふじこふじこ!」
警「車がぶつかったわけではないんですね?」
私「そうなんです、私まだ買い物の途中なのでまだ出ないんですけど」
婆「だったら最初からふじこふじこふじこ!」
警「奥さん(婆)、他にも立駐空いてるのに、立駐には停めないの?」
婆「ふじこふじこふじこ、もういい!バーカ!!!!」

ババアは鬼の形相で駐車場を出て、
パニクッたのか、分離帯のある国道を逆走して去っていったw

ババアを撃退し、これにて一件落着・・・と思いきやまさかの第2ラウンドがwww

次のページへ続きます

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

 

新規コメントの書き込み